ベビーゲートのチョイス

1才8ヶ月の息子がいます。

2階建て一軒家です。

うちはキッチン入口、階段上、下の3箇所にベビーゲートを付けています。

包丁とコンロ以外にも危険がたくさんありますし、更には侵入されると勝手にお菓子を出して食べていることもありますので

階段2箇所は、ヨチヨチ歩きがはじまった1才ごろに、上り下りが危なっかしくてつけました。

今は難なく一人で階段を行き来していますが、何か物を持ちながらの時や、眠い時などは危なっかしい歩きをしているので、私が見ていないときは一人で行き来しないよう、付けてよかったと思っています。

まだ一歳未満では動きもないと思いますので、これから動きが活発になってきてからお子様とお母さんの生活に合うゲートを選ぶとよいのかなぁ、と感じます。

ゲートひとつとっても、開閉式のものや扉のないもの、90度飽きっぱなしにできるものやオートクローズのもの、プラスチック製や木製、手を使わずに開閉できるもの…などいろいろありますので。

身長を伸ばすためには愛情が大切

身長を伸ばすためには愛情が必要です。愛情に不安があると子供の精神状態が不安定になり、身長を伸ばすときに働く成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。また、愛情に不安があれば食欲が落ちて、身長を伸ばすために必要な栄養をしっかり摂れなくなったり、不安感から睡眠の質が低下をします。

こういったことを子供の身長を伸ばすための本で知って、これまで以上に愛情を注ぐことに気をつけるようになりました。

子供とはできるだけ会話をするようにしています。一緒に過ごして会話をする時間は夕食のときです。学校でどんなことがあったのか、友達とどんなことをして遊んだのかなど、子供の話をじっくりと楽しく聞いています。

休日にはできるだけ一緒に遊ぶようにしています。どこかのテーマパークに出かける必要はなく、公園など近所でも楽しく一緒に遊べます。

それから、子供を否定するような言葉は言わないようにしています。否定的な言葉は愛情とは逆の行為です。テストの点が悪くても「勉強できないなんてダメだ」といった否定的なことはいわず、「今度頑張れるといいね」といったように励ますようにしています。

まだまだ0歳、わが子の噛みグセ

遡ること3ヶ月、もうすぐ1歳になるわが子ですが、9ヶ月になる手前から私のことを噛むようになりました。始めは甘噛み程度だったものの、上、下の歯が生えてきた頃から、冗談では済まされないくらい噛まれると痛いのです。噛まれたあとはくっきりと歯形が残り、痣になることもあります。そこで私は何か対処法はないかとネットで調べることにしました。「赤ちゃん 噛みグセ」と検索すると、対処法としては「噛まれたらしっかり怒る」「泣き真似をする」等が出てきます。しかしわが子はいくら対策を実践しても辞める気配はありませんでした。それから1ヶ月、市の検診がたまたまあったので噛みグセについて相談することにしました。保健師さんが言うには「0歳の子は歯がただ痒く、悪気があって噛んでいる訳ではないから、怒る必要はない。1歳半程度で歯が生え揃ってきたら自然と噛まなくなる。」とのことでした。なかなか噛みグセがなくならず焦っていた私もそれを聞いて安心しました。しかししょうがないとはいえ、噛まれるやはり痛いですよね。我が家では「こまめに歯固めを与える」、「噛まれたら鼻をつまみ噛むのをやめてもらう」の2つを実践しています。この2つでだいぶ噛みグセは緩和されました。あとは歯が生え揃うのを待つばかりです。

子供に食事のマナーを教える

食事はただ単に空腹を満たすものではなく、コミュニケーションやマナーも大切だと思います。そのため、子供が小さいころから食事のマナーを教えるようにしてきました。

離乳食期には、食事が楽しいことを教えるように努めました。子供をハイチェアに座れせると大人と目線が同じくらいになり食事を楽しめます。そして、食事のはじめには「いただきます」、食事の終わりには「ごちそうさまでした」のあいさつをします。まだ小さくて子供はしゃべれなくても、大人がやっていることを見て子供は学習をしています。

1~2歳くらいになったら、食事の前には手洗いをすることを覚えてもらいました。大人も一緒になって手洗いをしてお手本を見せます。また、食事はよく噛んでゆっくりと食べることも意識するようにしました。親がよく噛んで食べている姿を見せてあげます。

食事のマナーは大切ですが、うるさくしつけることはしていません。楽しく食事をすることがもっとも大切なので、楽しく食事をすることを第一に考えて、そのうえでマナーを教えました。

なかなか伸びない子どもの身長を高くする対策

私には10歳の男の子がいます。

生まれた時から小さく、検診の度にひっかかっていました。特に健康上問題はないと言われていましたが、周りの同年齢の子ども達と比べると明らかに小さく、どこか病気があるのかと不安に思っていました。

そんなとき、ママ友から成長サプリを試してみたらと言われ、半信半疑でしたが一度試してみることにしました。

もちろん、日頃の食事にも気をつけた上で試してみました。

私が試したのは、せのびとーるという成長サプリで、必須アミノ酸のアルギニンと必須アミノ酸のBCAA、タンパク質がたっぷりと含まれているので、効果的に身長を伸ばすことができるというものです。

アルギニンは体内で合成しても不足しがちな必須アミノ酸で、BCAAは体内で合成することができないため、サプリメントで摂取する必要があります。

最初は本当に身長が伸びるかどうか不安でしたが、飲みやすいヨーグルト味なので薬っぽくなく子どもも喜んで飲んでくれています。

その甲斐あってかどうかわかりませんが、小学3年頃から徐々に身長も伸びだし平均程度の身長になることができました。

子どものサプリを定期購入

子どものサプリを定期購入しています。美味しいのでオヤツ感覚で子どものサプリを利用することができるのは便利です。牛乳や豆乳は苦手なので、そのまま飲むことはできませんが、子どものサプリを混ぜるとぐびぐび飲む姿を見たときは、とても驚きました。ココア味やストロベリー・バナナなど種類がいくつもあるので、利用するのも楽しいです。何種類か常時置いているので、子どもはその日の気分によって様々な味を楽しんでいます。

冷たい牛乳にもサーっと溶けるし、ジュースを飲むより全然良いので、やはり子どものサプリを利用するようになってから、少し身長も伸びたので効果を体感できるようになりました。毎日、継続的に利用することにしているので定期コースにで子どものサプリを購入するようにしています。やはりお手頃価格ですし、定期コースにしたことで割引価格になるので、満足できますし、味もとても美味しいので気に入って利用するようにしています。

子どもの身長が一時停止しました

低体重児として若干小さめで生まれたものの、その後は順調に成長していた子どもなのですが、ショッキングなことに、身長が約一年間にわたり停まってしまいました。

成長が停まったのは、4才になったばかりのころです。なんと、ごはんに対する欲が消え去ってしまったかのように、食が急に細くなってしまったのです。

きっと何かの病気だろうと考えて、小児科医に診てもらったのですが、特に病気らしいものはありませんでした。

「食べないとだめだよ。大きくなれないよ。」と言っても、なかなか食べてくれないことから、親としては、心配やらイライラやらで気が気でないような状態で日々を過ごしていました。

約1年間にわたり食事量が増えずに、その結果、身長と体重も増加が停止してしまったのです。

5才になってから、ようやく食に対する興味も戻ってきたのですが、いかんせん、一年間の一時停止期間の影響は大きく、小学3年生になった今でも、まるで、周回遅れで成長しているかのように、着実に少しずつ大きくなってはいるのですが、小さいままです。

子供の記憶力を伸ばすためやったこと

息子が中学生の頃、英語や社会といった暗記力が試される教科の点数が伸び悩んでしました。理科や数学は良かったのですが、もともとあまり興味がなかったのもあり、暗記力が伸びずに困っていました。そこで子供と一緒に勉強方法を考え、私が学生時代にやっていた「音読勉強法」を取り入れることにしました。

私も暗記物が苦手で、一晩寝るとすぐに忘れてしまうほうでした。それでも全体の成績を上げなばならなかったので、自分で編み出した方法がこの音読勉強法でした。記憶力がものをいう教科については、学校の教科書や参考書を徹底的に何度も音読を繰り返すのです。黙々と読んでも情報が入ってくるのは目だけなので、目を通じての暗記となります。それを音読すると、目と口、そして耳と3箇所で記憶されると考えて実践したのです。私の場合は、その方法が功を奏しました。

息子に、同じように音読を繰り返させてみたところ、明らかな効果が出ました。半年後には、英語と社会の点数が、得意としていた数学や理科の点数を上回るほどにまでなったのです。私のやり方を押し付ける感じの一か八かのチャレンジですが、成功してホッとしました。高校生になった息子は、今でもその方法を継続しています。

大人の身体に成長するために必要なサプリ

子供が健康的に育って欲しいと考えている親の多くがサプリメントを子供位に与えています。きちんとした大人の身体に成長するために必要な栄養の全てを食事だけで摂ることは難しいことです。サプリメントは食事をするだけでは十分摂取できない様々な栄養素を補うことができます。ただ、サプリばかり与えていると子供にきちんとした栄養を摂らせることは不可能です。やはりきちんと栄養のバランスを考えた食事を与えた上で補助的な役割としてサプリを飲ませることがベストです。子供の元気が無い時にアミノ酸などの疲労回復効果の高いサプリを利用すれば子供が頑張れるようになります。子供の体調におかしなところがないかを毎日チェックすることは親として当たり前です。ただ、どんなに注意をしていても子供の体調がおかしくなることはあります。子供の体調が悪くなることを減らすためには体質を強化することができるプロポリスなどを定期的に飲む習慣を持つべきです。